“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

サッカーで輝く「切磋琢磨」の物語。
インハイ8強・桐光学園2年生コンビ。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/08/10 17:15

サッカーで輝く「切磋琢磨」の物語。インハイ8強・桐光学園2年生コンビ。<Number Web> photograph by Takahito Ando

佐々木ムライヨセフ(左)と西川潤。2人は同じピッチ上で、激しく競い合うように急成長しているようだ。

スカウトが佐々木にも注目し始めて……。

「ヨセフは凄く心強い存在。フィーリングもあるし、もっとコンビネーションを上げて行きたい。右足のドリブルは自分より上手いので、僕も今、ヨセフからいろいろ盗もうとしています」(西川)

「潤と一緒のユニフォームを着て、一緒にピッチに立っていることが嬉しくてしょうがないです。でも、まだまだ潤には力的に及ばないので、まだこれから一緒にやれる時間があるので、それを大事にしていつかは追い越したいですね」(佐々木)

 あるJクラブのスカウトは「西川はやっぱり別格。ここからさらに(獲得の)競争が激しくなるだろう」と言う一方で、「もう1人気になる選手が出て来た」と口にした。その選手こそ、佐々木であった。

「潤を目当てに、桐光の試合を観に来てくれる人が多い。だからこそ、そこで自分も力を発揮すれば、自分のことをちょっとでも気に掛けてくれる人たちが出て来るかもしれない。なので、僕にとって大きなチャンスだと思っています」(佐々木)

 この言葉通り、インターハイの桐光学園の試合会場にはいつも多くのJクラブのスカウトが集結する。彼らの目当てである西川の評価が確実に上がった一方、左サイドで輝く佐々木の存在にも目が行くようになっていたのは間違いなかった。

 切れ味鋭いドリブルで左サイドを切り裂いていく2つの閃光は、より自分を上へ引き上げて行くかけがえのない存在として、これからもお互いを照らし合っていくはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
西川潤
佐々木ムライヨセフ
桐光学園高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ