野ボール横丁BACK NUMBER

代打で6打数6安打、父は元プロ。
横浜高・度会隆輝の「おまじない」。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/09 16:20

代打で6打数6安打、父は元プロ。横浜高・度会隆輝の「おまじない」。<Number Web> photograph by Kyodo News

名門横浜高校で1年生にしてベンチ入り、6打数6安打の10割、父は元プロ野球選手。度会隆輝はスターになる資格を持っている。

「おまえらしくやれ」のライン。

 技術面で小さい頃からいつも言われていたことは2つだ。

「打ち終わりに(打ち終わったときに)顔を残すことと、打ち終わりに踏み出した足が開かないことです。踏み込む足はインステップぐらいでいい」

 前日は、博文さんとラインでやりとりをしたという。

「おまえらしくやれ、と言われた。打てないと思って打席に立ったら絶対打てないので、打てると思って入りました」

 博文さんは現役時代、レギュラー定着はならなかったが、ヤクルトのユーティリティープレーヤーとして11年間、貴重な役割を果たした。そんな父親の打撃フォームも参考にしているという。

「打ち始めのバットの位置は似ていると思います」

 控えながらも博文さんが球団から長い間、必要とされたのは、誰よりも元気があって、試合中、常に声を出し続けていたからでもある。その「血」は度会も受け継いでいる。

 取材中も最初から最後まで約20分間、ずっと笑顔だった。

「話すの、楽しいんで」

父がプロ選手は重荷かと思ったら。

 試合後は、父親にラインするのが日課だ。

「お疲れ様、応援ありがとう……から始まって、あとは野球の話になると思います」

 元プロ野球選手の父を持つエリートというと、どこかに「重い物」を背負っているのではないかと想像してしまうものだが、度会にはそういったものとはまったく無縁だった。

「父親には感謝の気持ちしかありません」

 技術もハートも「スーパー」である。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART I>史上最強高校を探せ。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

度会隆輝
横浜高校
度会博文

高校野球の前後のコラム

ページトップ