“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

第100回甲子園でHR新記録なるか?
野手ドラ1候補勢揃いで超打撃優位に。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/01 17:00

第100回甲子園でHR新記録なるか?野手ドラ1候補勢揃いで超打撃優位に。<Number Web> photograph by Kyodo News

大阪の予選でもその打棒が爆発していた大阪桐蔭の藤原恭大。果たして甲子園で何本の本塁打を放つか?

“桑田真澄二世”の声もある吉田輝星。

 投手で注目されるのは、吉田輝星(金足農3年)、根本太一(木更津総合2年)、井上広輝(日大三2年)、及川雅貴(横浜2年)、奥川恭伸(星稜2年)、柿木蓮(大阪桐蔭3年)、西純矢(創志学園2年)たちで、一目瞭然ではあるがとにかく下級生が多い。

 この中で私が最も期待しているのは3年生の吉田だ。

 ストレートに速さと伸びを備えている上に、カーブ、スライダー、スプリットなど変化球の精度も高く、今夏の秋田大会2回戦ではストレートが150キロを計測している。176センチの上背と無駄のない投球フォームから“桑田真澄二世”の声が上がっているが、近年の投手でその投球スタイルが近いのは山本由伸(オリックス)の方だろう。

 2年生左腕の及川もストレートがすでに150キロを超えている。前肩が開かず、下半身→上半身の順に動く投球フォームにも目立つ欠点がなく、来年のドラフト1位指名が確実視されている。

 全体的に俯瞰して見れば打者優位の大会と言ってよく、投手は下級生中心にレベルが高い選手が顔を揃えている。

 テーマを絞ればタレント揃いで春夏連覇を狙う大阪桐蔭をどこが破るかだが、先に挙げた中の関東勢が最もその可能性を秘めていると思う。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART I>史上最強高校を探せ。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤原恭大
大阪桐蔭高校
小園海斗
報徳学園高校
野村佑希
蛭間拓哉
万波中正
松田憲之朗
林晃汰
松井義弥
吉田輝星
根本太一
井上広輝
及川雅貴
奥川恭伸
柿木蓮
西純矢
根尾昂

高校野球の前後のコラム

ページトップ