“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

第100回甲子園でHR新記録なるか?
野手ドラ1候補勢揃いで超打撃優位に。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/01 17:00

第100回甲子園でHR新記録なるか?野手ドラ1候補勢揃いで超打撃優位に。<Number Web> photograph by Kyodo News

大阪の予選でもその打棒が爆発していた大阪桐蔭の藤原恭大。果たして甲子園で何本の本塁打を放つか?

“未完の大器”万波中正はついに覚醒!

 3人以外でも今年の大会には逸材が多い。

 関東勢ではいずれも長打に定評のある野村佑希(花咲徳栄・外野手)、蛭間拓哉(浦和学院・外野手)、万波中正(横浜・外野手)、関西勢では松田憲之朗(龍谷大平安・遊撃)、林晃汰(智弁和歌山・三塁手)、九州からは松井義弥(折尾愛真・三塁手)が出場する。

 野村はプロの打者でも苦労する内角胸元へのストレートをフェンス越えさせる技術とパワーがある。側頭部近くにあったグリップ位置を耳辺りまで下げることにより、現在はフォロースルーを大きく取れる形になり、安定感が出てきた。

“未完の大器”万波は、これまで「当たれば飛ぶが当たる可能性が極めて低い」と言われ続けてきた。

 それが打席内での上下動を抑えることによってミートの確率が高くなり、今夏の南神奈川大会準々決勝、立花学園戦ではあと単打が出ればサイクルヒットという猛打を記録。この中でも第2打席で放った一発は特大で、横浜スタジアムのバックスクリーンを飾るコカ・コーラの看板まで到達。推定飛距離は135メートルという特大の一発だった。

68本塁打を今大会は超えるか?

 その年の夏の甲子園大会に出場した高校生野手がドラフトで指名されたのは過去5年間、'13~'16年まで7人、'17年は6人となっている。

 ドラフトは基本的に投手優先だから、野手はこのくらいの人数で推移しているが、今大会の野手は逸材揃いで、ここまで名前を出したのは総勢9人。

 彼らが揃ってドラフトで指名され、甲子園で昨年の68本以上のホームランが出れば、攻撃力がひときわ記憶に残る大会になるだろう。

【次ページ】 “桑田真澄二世”の声もある吉田輝星。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤原恭大
大阪桐蔭高校
小園海斗
報徳学園高校
野村佑希
蛭間拓哉
万波中正
松田憲之朗
林晃汰
松井義弥
吉田輝星
根本太一
井上広輝
及川雅貴
奥川恭伸
柿木蓮
西純矢
根尾昂

高校野球の前後のコラム

ページトップ