One story of the fieldBACK NUMBER

あの夏を許せない。1984年大阪、
最強PL学園に挑んだ男たちの物語。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byYoshio Toyoda/Sports Graphic Number

posted2018/07/31 15:00

あの夏を許せない。1984年大阪、最強PL学園に挑んだ男たちの物語。<Number Web> photograph by Yoshio Toyoda/Sports Graphic Number

近大付属高野球部監督の頃の豊田義夫。その後、近大の他の系列高や、社会人野球クラブなどの監督を経て、平成27年に利根商の監督に就任していた。

ついに……ノックバットを置いた豊田。

 甲子園100回目の夏、豊田はやはりグラウンドに立っていた。聖地を仰ぎ見ていた。

 7月14日。群馬大会2回戦、利根商は敗れた。これを限りにノックバットを置くと決めて挑んだ最後の夏も、願いはとどかなかった。

「ずっと、野球だけやって、甲子園だけ目指してきましたから。終わったらどうなるのか。想像もつきませんねえ。寂しいやろうなあ……」

 ノックバットは最後の最後まで離さなかった。

 やはり、豊田は夏の甲子園に取り憑かれている。いったい、その魔力とはなんだろうか。

 おそらく、豊田も、坂口も、あの夏を許すことはできないだろう。同時に、人生の大切な一部でもある。

 光と影、満足と後悔、あらゆる感情をともなったまま、それぞれの人生の中をただよい続けるのだろう。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8
豊田義夫
PL学園高校
坂口昌隆
清原和博
桑田真澄
近畿大学附属高校

高校野球の前後の記事

ページトップ