Jをめぐる冒険BACK NUMBER

遠藤航、植田直通もベルギー移籍。
トロイデンは欧州組の登竜門に。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/28 11:30

遠藤航、植田直通もベルギー移籍。トロイデンは欧州組の登竜門に。<Number Web> photograph by Getty Images

ロシアW杯では出番がなかった遠藤航。ベルギーリーグでもうひとレベル大きなプレーヤーとなりたい。

山口蛍がハノーファーで経験したこと。

 ただし、懸念すべきこともある。

 身近に日本人の多くいる環境がどう影響するか――である。

「航のほかに日本人選手があとふたりでしたっけ? 自分はそこに甘えてしまったから、そうならないようにしてほしいなって」

 そう語ったのは、遠藤の移籍前ラストゲームの対戦相手、セレッソ大阪のキャプテン山口蛍である。2015年12月から半年間、ドイツのハノーファーに在籍した山口は、反省を込めて遠藤にエールを送った。

「キヨくん(清武弘嗣)と(酒井)宏樹がいて、ふたりに頼ることが多かったから、そこは失敗したなと思う。そうならないようにしたら、航はもっと成長できると思う」

 遠藤に限らず、関根も冨安も、山口の言葉を心にしっかりと刻むべきだろう。

グルノーブル、ホルンといった前例。

 振り返れば、IT企業のインデックス社が買収したフランスのグルノーブルや、実業家の坂本圭介がオーナーとなったスペインのサバデル、本田圭佑の所属事務所が実質的経営権を取得したオーストリアのホルンなど、これまで日本人が経営に乗り出したクラブはあったが、どこも成功したとはいいがたい。'16年の1部復帰以来、ふた桁順位の続くシント=トロイデンにとっても大きな挑戦となる。

 欧州の主要リーグは8月半ば以降に開幕するが、ベルギー・ジュピラーリーグは今週末に開幕し、シント=トロイデンは7月28日、植田の所属するセルクル・ブルージュと開幕戦を戦う。

 シーズンの始まりを告げるホイッスルが鳴ったとき、シント=トロイデンのホーム、スタイエン・スタジアムのピッチには、果たして何人の日本人選手が立っているだろうか――。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
遠藤航
植田直通
シント・トロイデン
関根貴大
冨安健洋

海外サッカーの前後の記事

ページトップ