ぶら野球BACK NUMBER

大谷、ダルじゃなくて松坂大輔を!
2018年オールスター観戦ぶらり旅。 

text by

中溝康隆

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

PROFILE

photograph byYasutaka Nakamizo

posted2018/07/23 11:00

大谷、ダルじゃなくて松坂大輔を!2018年オールスター観戦ぶらり旅。<Number Web> photograph by Yasutaka Nakamizo

京セラドームの外は恐ろしいほどの酷暑。『めっちゃ果物ソーダ』(氷+ソーダ+果肉)のみかん味で、身体も心も涼しく!

「本当に来て良かった」と感じた球宴。

 試合は全パが初回にいきなり松坂から5点を奪うが、その後セ・リーグも意地を見せ3回終了時で5対5の同点。6回のデスパイネと山川穂高のタイムリーでパ・リーグが競り勝った。

 第1戦MVPに輝いたのは初回に3ランを放った森友哉。

 その弾丸ライナーに少年ファンが「あんなに小さいカラダなのにすげー」と素直なリアクションを取っていたのが印象深い。京セラドームということもあり、三塁側内野席は黄色の阪神ファンと真っ赤なカープファンの姿が目立ち、来日9年目の初出場となったメッセンジャーや糸原健斗には大きな歓声と拍手が送られた。

 本当に来て良かった。松坂は1回30球で降板しちゃったし、さすがに18歳の時とは違うけど、37歳の今も投げ続ける“平成の怪物”をこの目で見られた。

 19年後、43歳になった大谷翔平を俺らはいったいどこで見ているのだろうか?

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松坂大輔
上原浩治
大谷翔平
山川穂高
森友哉
ランディ・メッセンジャー
糸原健斗

プロ野球の前後のコラム

ページトップ