松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹とウッズが初の同組に。
全英は「創造性」の勝負になる。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2018/07/19 07:00

松山英樹とウッズが初の同組に。全英は「創造性」の勝負になる。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

伝統の全英オープンに臨む松山英樹。タイガー・ウッズと同組でのラウンドは、日本のゴルフファンとしては見逃せない。

開幕前の松山の表情は明るく見える。

 とはいえ、落胆したり、肩を落としたりはしていない。むしろ開幕前の松山の表情は明るく見える。

 ショットもパットも、良くなりそうでなかなか良くならず、良くなったと思っても結果につながらないもどかしさを感じ続けながらも、試合が始まれば1番ティに立ち、ひとたびそこに立てば、戦うしかない。

「明日、あさって、何か起きれば……自分の中で、覚醒すれば……」

 覚醒しそうな気配は「ないです」と言いながら、それでも珍しく「if(もしも)」の話をしたところに、是が非でも結果を出すことを考えている松山が身を置いている現実の厳しさが漂ってくる。

 クリエイティブなゴルフを目指すウッズと結果を出すことを目指す松山。目指すは理想か、現実か。そんな2人が同組で回る予選2日間は、いろんな意味で興味津々にさせられる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ