Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<スペシャル対談>
石川遼×稲垣吾郎
「ゴルフの謎を解き明かしたいんです」

posted2020/03/09 07:00

 
<スペシャル対談>石川遼×稲垣吾郎「ゴルフの謎を解き明かしたいんです」<Number Web> photograph by Ayako Masunaga

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph by

Ayako Masunaga

日本ゴルフ界を牽引し続ける石川遼と、趣味のゴルフをこよなく愛する稲垣吾郎。石川が一打のロマンを語れば、稲垣が観戦の醍醐味を熱弁する。人気者ならではの悩み、あの女子プロゴルファーとの秘話、五輪強化指定選手研修でのエピソードまで。2人のゴルフ愛に溢れた掛け合いは、予定時間を大幅にオーバーして続いた――。(Number998号掲載)

稲垣 最初にお会いしたのは、石川さんがプロに転向したての頃でしたね。

石川 はい、2008年くらいです。

稲垣 その時の印象が強いんです。番組でゴルフ対決みたいなことをやったんですけど、バラエティだから打つ前に茶々を入れるんです。その時に石川さんが「ゴルフは紳士のスポーツです」とたしなめて。

石川 覚えてます。草なぎ(剛)さんのノリが凄かった(笑)。

稲垣 当時はゴルフをやっているメンバーは少なかったからね。ゴルフのマナーを知らないだけで悪気はなかったんだけど、何しろ30代のぼくらが、10代の少年に怒られて一瞬シーンとしちゃった。それが凄く面白かった。

石川 とても楽しくて、皆さんと一緒の空間にいるだけで夢のようでした。

稲垣 もともと大人びている印象でしたが、最近はテレビで観ても、体格や雰囲気が変わって、「大人の男」になったと感じていました。でも実際こうやって話していると、年齢が内面に追いついたというか、いい意味で変わっていない。ちょっとホッとしました。

石川 稲垣さんも変わらないです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6978文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

石川遼
稲垣吾郎

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ