松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹とウッズが初の同組に。
全英は「創造性」の勝負になる。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2018/07/19 07:00

松山英樹とウッズが初の同組に。全英は「創造性」の勝負になる。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

伝統の全英オープンに臨む松山英樹。タイガー・ウッズと同組でのラウンドは、日本のゴルフファンとしては見逃せない。

パターをいかに駆使するかの競い合い。

 どのクラブを選び、どんなふうにゲームを組み立てるのか。その判断には創造性が求められ、カーヌスティでの全英オープンは「どんなクラブ選択をするかという興味深いテストになる」。そう言い切るウッズの表情には自信が溢れて見えた。

「クリエイティブなゴルフ」のさらなる例は、「パターをいかに駆使するか」の競い合いだ。グリーン上はもちろんだが、グリーン周りからの寄せでもパターを駆使する。「寄せ」と言っても、ときにはグリーン外からの「15メートルぐらいをパターで寄せることも多々ある」とウッズは笑顔で説明する。

「だからリンクスで開かれる全英オープンでは伝統的にフィール・プレーヤーが好成績を残してきたんだ」

 グリーン上でもグリーン外からもパターを握り、感性で寄せる。それが上手い選手、柔軟なフィーリングを備えた選手が全英オープンでは、ことさらに強いと語ったウッズ。自分自身もそうであることを自負しているからこその笑顔だった。

「ヒデキはワールドプレーヤー」

 そのウッズと今年の全英オープンで予選2日間を同組で回るのは松山英樹。

 開幕前の会見で日本のテレビ関係者から「ヒデキ・マツヤマと同組で回ることをどう感じているか?」と問われたウッズは、「ヒデキとはミュアフィールドで一緒に回った」と答え、日本メディアは、みな首を傾げた。

 というのも、メジャー大会でウッズと松山が同組で回るのは実は今回が初めてなのだ。

 ウッズは何かを勘違いしたらしく、「ミュアフィールドで一緒だった」と言ったのだが、それはさておき、「当時はヒデキのことを知っていた人はまだ多くはなかったけど、彼はワールドプレーヤーであることを実証してみせた」という描写は、ウッズが松山に対して抱いているそのままの印象、お世辞抜きの賛辞だ。

【次ページ】 思わぬ賛辞に松山は「うれしいですね」。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ