ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

クロアチア、死闘制し20年ぶり4強!
モドリッチ&ラキティッチこそ心臓。 

text by

杉山孝

杉山孝Takashi Sugiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/08 11:45

クロアチア、死闘制し20年ぶり4強!モドリッチ&ラキティッチこそ心臓。<Number Web> photograph by Getty Images

ロシア戦のマンオブザマッチに輝いたモドリッチ。試合後には子どもたちと喜び合う愛くるしい光景も。

エースの働きに触発されたチームも動く。

 モドリッチは歩みを止めない。延長後半開始2分には、相手ゴール前で、ゴール保持者に単独で猛チャージ。最後まで戦う姿勢を示し続けた。

 ただし、心臓が動いているだけでは、プレーは完結しない。大事なのは、このエースの働きに触発されたように、チームが動くことである。

 3分で追いついたラウンド16のデンマーク戦同様、今回も先制点献上の8分後に試合を振り出しに戻した。時計の針を、前半39分に戻そう。DFの間を抜いたマリオ・マンジュキッチのクロスに頭で応えたのは、今大会まだ得点がなかったアンドレイ・クラマリッチだった。

 逆転ゴールを奪ったビダは、本来はCB。ブルサリコの交代に伴い右サイドに移ると、不慣れながら攻め上がりを披露し、自ら得点を決めることになるCKを奪った。

 そして、GKのダニエル・スバシッチ。89分におそらく肉離れのような筋肉系のトラブルで右腿裏を痛め、一時は交代もやむなしかと思われた。だが不屈の闘志でプレーを続行したおかげで、負傷のブルサリコに交代枠を残せた。FKから2点目を奪われたものの、PK戦でのセーブですべてを帳消しにした。

「よく戦ったロシアも祝福したい」

 そのPK戦、勝利を決める最後の1本を冷静に蹴り込んだのは、ラキティッチだった。ダブルエースの1人がクールに、熱闘に終止符を打ったのである。

「私の選手たちだけではなく、よく戦ったロシア代表のことも祝福したい。美しい試合などではなく、これは戦いだった。準決勝を争う戦いであり、我々には運があった」

 普段は涙など見せないというズラトコ・ダリッチ監督が感極まったのは、結果ではなく選手たちの働きぶりに対してだった。

「僕らはまたしても、個性を示すことができた」とモドリッチ。初出場で3位に輝いたフランス大会での先達に並び、さらに追い越すまで、選手たちは足を止めない。

西野ジャパン23人の真実。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 2018/7/9特別増刊

西野ジャパン23人の真実。

日本代表 vs.コロンビア vs.セネガル vs.ポーランド
【キーマンたちの物語】 大迫勇也/香川真司/乾貴士/本田圭佑/長谷部誠 ほか

定価:本体556円+税目次ページへ

関連コラム

BACK 1 2 3
ルカ・モドリッチ
イバン・ラキティッチ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ