リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

スペインが涙した「宝くじ」PK戦。
先例やデータは本当に役立つのか。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/05 17:30

スペインが涙した「宝くじ」PK戦。先例やデータは本当に役立つのか。<Number Web> photograph by Getty Images

代表引退を表明したイニエスタ。今後の活躍の場はJリーグとなる。

スペインはPK戦への抜かりはなかった。

 サイトによると、相手よりも優れたキッカーやGKを擁するチームが後攻となったとき、先攻1人目がシュートを外した時点で後攻勝利の確率は約50%から77%に跳ね上がる。

 こうしたデータを知っていると、コイントスに敗れて心理的に不利な後攻めになっても、平常心を保てるかもしれない。

 また、W杯2014年大会までの全PK戦から導き出されたデータでは、8人目(後攻4人目)のシュート成功率は58%で、計10人中で最も低いことがわかる(平均成功率は71%)。こちらも、キッカーの順番を決める際に考慮すべき数字だ。

 さて、こうしたデータをすべて踏まえて、スペインのロシア戦でのPK戦を振り返ると、改めて一筋縄ではいかないことを思い知る。

 まず、コイントスで選択権を得たセルヒオ・ラモスは、迷わず先攻を選択した。

 練習していたかどうかはともかく、GKデヘアにはある程度の情報が渡されていたとして、キッカーの選択と順番はデータ面からも間違ってはいなかった。

コケ、I・アスパスも信頼が厚かったが。

 失敗は許されない1人目のイニエスタと、先述の8人目にプレッシャーをかける7人目のS・ラモスは、過去の代表戦でPKを決めた経験を持ち、3人目のピケと5人目のコケも国際的な大舞台に慣れている。さらには、9人目のイアゴ・アスパスのリーガ1部でのPK成功率は92.3%だ。

 そこにスペインとロシアの総合的な実力差を加味すると、より準々決勝に近かったのは間違いなく前者のはずだった。

 ところが、実際のところはシュート成功率が最も高いはずの5人目(コケ)が止められ、イアゴ・アスパスも決められず、万事休した。

【次ページ】 イニエスタの代表引退で黄金時代に幕。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アンドレス・イニエスタ
セルヒオ・ラモス
イアゴ・アスパス
コケ
ダビド・デヘア
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ