濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

狂気と流血のデスマッチで「生きる」。
竹田誠志と木高イサミの人生ドラマ。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2018/06/26 16:55

狂気と流血のデスマッチで「生きる」。竹田誠志と木高イサミの人生ドラマ。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

死闘の後、リング上で竹田誠志に深々と頭を下げて退場していった木高イサミ。

デスマッチは彼らの生きる証だった。

「プロレスやってりゃドラマはついてくるって。でも、俺たちインディーのドラマは拾ってもらえない。だから自分で発信していくしかない。もっともっと血を流して、汗かきますよ。じゃなきゃ俺たちの声なんて届かない」(イサミ)

 実は「試合開始と同時に自分の頭で蛍光灯を割った意味」と「あしたのジョー最終回オマージュ」は、イサミ自身がツイッターで説明していたことだ。

 伝える、届ける、分からせる。

 そのための言葉だし、デスマッチファイターが血を流す意味もそこにあるのだろう。

「しんどいけど、生きてる感じがしますねぇイサミさん」と竹田は言った。敗れたイサミは「まだまだやることが多いっすね。デスマッチやりながら“死んでられんな”って思いましたよ(笑)」。

 生きている証としてのデスマッチ、とでも言えばいいだろうか。この日の2人の「俺はこのリングで生きている」という叫び声は、それはもう大きなものだったのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

竹田誠志
木高イサミ
プロレスリングBASARA
大日本プロレス
大仁田厚

プロレスの前後のコラム

ページトップ