競馬PRESSBACK NUMBER

ルメールが日本移籍を決めた理由。
宝塚記念ではサトノ復活を期す。

posted2018/06/22 07:00

 
ルメールが日本移籍を決めた理由。宝塚記念ではサトノ復活を期す。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

サトノダイヤモンドも5歳になった。ライバルマカヒキは骨折で戦線離脱し、「最強世代」の力を見せられるか。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

 2014年11月24日の京都競馬場。

 当時、短期免許で来日していたクリストフ・ルメールは、月曜開催となったこの日も3勝を挙げていた。しかし、迎えた最終12レースで、思わぬアクシデントが彼を襲った。

 第12レースの3歳以上500万下条件芝2200メートル。彼は5番人気のファーガソンの手綱をとった。

 同馬は5月10日のプリンシパルS以来、半年以上の休み明けでの実戦。春にはダービーを目指したほどの素質馬だったが、この時は久々で馬体重も前走比プラス20キロだった。

「久々で必要以上に負荷をかけたくなかったのか、休む前に着けていたブリンカーをこの日は装着していませんでした」とクリストフ。その影響があったのかどうかは分からないが、レースは思わぬ方向へ進むことになる。

 ゲートが開くとクリストフにいざなわれたファーガソンは2番手を追走。勝負どころでも手応えが鈍ることなく、いつでも前を捉まえられるという感じで直線を向いた。

骨折からのリハビリ期間、彼は日本に留まって。

「そのまま楽に先頭に立てました」

 休み明けでも500万下条件なら能力の違いで勝ち切れるのか!? と思ったそのすぐ後に、地獄へ続く入口の扉が開いた。

「先頭に立った次の瞬間、急に内へササりました。あとはもうアウトオブコントロールでした」

 急激にササッた鞍下はそのままラチに激突。ラチを壊してもまだ止まろうとしない馬から、放り出されるような形となったクリストフは、ラチの上でバウンドした後、地面に叩きつけられた。

「ベリーバッドアクシデントでした。記憶が飛んだりすることはなかったので、すぐに大怪我だと分かるほど痛みました」

 足を骨折し、緊急入院。その後も長いリハビリが続き、戦列を離脱することになった。

 アクシデントによりしばらくの間、競馬に乗れなくなったクリストフ。しかし、その間も母国フランスへ帰ることはなかった。日本に留まり、何をしていたのか……。

【次ページ】 デムーロとは異なる日本移籍の事情。

1 2 3 NEXT
クリストフ・ルメール
サトノダイヤモンド

競馬の前後のコラム

ページトップ