沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

歴史的立ち遅れで大波乱の宝塚記念。
それでもゴールドシップが愛される訳。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/06/29 11:15

歴史的立ち遅れで大波乱の宝塚記念。それでもゴールドシップが愛される訳。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ゲートが空いてからゴールドシップが走り出すまで、永遠のように思えた数秒間だった。懸命の追走も実らず、15着となった。

 ゲートがあくまでは、史上初のJRA平地同一GI3連覇を狙うゴールドシップの、ゴールドシップによる、ゴールドシップのためのグランプリになると思われたのだが、待っていたのは大波乱だった。

 第56回宝塚記念(6月28日、GI、阪神芝内回り2200m)で、ゴールドシップは単勝1.9倍の圧倒的1番人気に支持された。返し馬では1頭だけ1コーナー付近で立ち止まって注目を集め、スタート地点に向かって走り出すと歓声が上がった。

 目隠しをされ、他馬より先にゲートにすんなり入ると拍手が起きた。観客の視線を独り占めしていたゴールドシップはしかし、ゲートがあくときに後ろ脚で立ち上がってしまい、大きく出遅れた。悲鳴とどよめきが場内に満ちるなか、走り出したときには、他馬は10馬身ほど前を進んでいた。

 時間にすると3秒ほどのロスか。この時点で、ゴールドシップの3度目の宝塚記念は実質的に終わってしまった。

横山典「これも込みでゴールドシップ」

 騎乗した横山典弘は「あの馬らしいね」と振り返る。

「返し馬はいつもどおりだった。ゲートに入ってからもおとなしくしていたのに、あとちょっとでスタートというところで唸って、ああいう形になってしまった。なぜなのかは彼に訊かないとわかりません。買ってくれたお客さんには申し訳ないですが、これも込みでゴールドシップなんです」

 管理する須貝尚介調教師は「競馬に参加していなかったね」と言い、こうつづけた。

「周りに馬が来るのが嫌なようで、ゲートに入ってから吠えていた。この馬だけは本当に何をするかわからない。右前脚をゲートに引っ掛けたので、様子を見て放牧に出したいと思っています」

【次ページ】 まともにゲートを出た15頭はスローペースに。

1 2 3 4 NEXT
ゴールドシップ
トーホウジャッカル
ラブリーデイ
ラキシス
ヌーヴォレコルト
デニムアンドルビー

競馬の前後の記事

ページトップ