ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

4度目の決戦は年間ベストバウト級。
中邑真輔vs.AJスタイルズのドラマは続く。 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

posted2018/06/20 17:00

4度目の決戦は年間ベストバウト級。中邑真輔vs.AJスタイルズのドラマは続く。<Number Web> photograph by (C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

AJとの戦いは一応の決着をみた。だが中邑真輔は、新日本プロレスとWWEのスタイルを融合させ新境地を開きつつある。

ヒールになって中邑は生き生きとし始めた。

 独自の新しいものをクリエイトする能力に長けたアーティストである中邑にとって、新天地で新日本を引きずることは停滞でもあったのだろう。

 しかしヒール転向後は、それまでのイメージをかなぐり捨てて、自分のダークサイドを解放。傍若無人にやりたい放題振る舞うことで、明らかに生き生きとし始めた。

 また、「レッスルマニア34」という大舞台での金的攻撃は、インパクトがあまりにも大きかったため、キンシャサ・ニーストライクと並んで、ローブローが中邑の代名詞的な“技”となる。

 金的攻撃という、世界中の男性がその痛みを共有できる、最も古典的で普遍的な反則技が、現代のトレンドとなるとは、誰が予想しただろうか。

 賛否両論あったヒール転向により、中邑真輔は大きく化けたのだ。

繰り返された、ふたりの名勝負。

 WWE王座を懸けたAJスタイルズと中邑の再戦は、まず4月27日のサウジアラビア公演で実現。この時は、中邑の金的攻撃に激怒したAJが、場外カウントを無視して攻撃を続ける暴走ぶりで、両者カウントアウトのドロー。

 続く第3戦は、5月6日にPPVイベント「バックラッシュ」において、反則裁定なしの「ノーDQマッチ」で行われ、この時は両者同時の急所蹴りで、2人揃って股間を押さえながら悶絶。そのまま両者KOとなった。

 こうして毎回、急所攻撃が乱れとぶ、じつに破廉恥な名勝負数え歌となった中邑とAJの抗争は、回を重ねるごとに加熱。ついに6.17「マネー・イン・ザ・バンク」で、ラストマン・スタンディング・マッチでの完全決着戦を行うことになった。

 そして凶器攻撃も許される、なんでもありの闘いとなった4度目のWWEタイトル戦は、過去最高の激闘となった。

【次ページ】 中邑は負けたが評価は上げた!

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中邑真輔
AJスタイルズ
WWE
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ