ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

4度目の決戦は年間ベストバウト級。
中邑真輔vs.AJスタイルズのドラマは続く。 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

posted2018/06/20 17:00

4度目の決戦は年間ベストバウト級。中邑真輔vs.AJスタイルズのドラマは続く。<Number Web> photograph by (C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

AJとの戦いは一応の決着をみた。だが中邑真輔は、新日本プロレスとWWEのスタイルを融合させ新境地を開きつつある。

中邑は負けたが評価は上げた!

 中邑は、AJのフィニッシュ技フェノミナルフォアアームをジャンピングハイキックで撃墜すると、場外では放送席のアナウンステーブル3台の上を駆け抜けながらキンシャサを叩き込むなど、AJをKO寸前まで追い込む。

 ところが、とどめとばかりに放ったコーナーへの串刺し式のキンシャサをかわされると、ヒザに大ダメージを負ってしまい形勢逆転。スチール階段上からの雪崩式スタイルズクラッシュを食らったあと、急所を蹴り上げられ、最後は場外へのスワンダイブ式フォアアームで、アナウンステーブルごと吹っ飛ばされて、ついに力尽き、KO負け。

 今回もまたWWE王座奪取はならなかった。

 しかし、この試合で中邑真輔は、間違いなくまた評価を上げたことだろう。試合中に観客から巻き起こった「ホーリーシット!(なんてこった! すげえ、マジかよ!)」コールが、ファンの支持を証明している。

AJスタイルズvs.中邑真輔は一応の決着だが。

 日本流のストロングスタイルとWWEのスタイルに、さらに破天荒なハードコアスタイルを融合させた、新たなる名勝負をやってのけた両者。

 中邑は「レッスルマニア 34」前日の記者会見で、「AJとは前回(新日本で)闘ってからこの2年間、お互いブラッシュアップしてきたので、何かを生み出さなきゃいけない」と語っていたが、ついにそれを成し遂げたのだ。

 AJスタイルズvs.中邑真輔のWWE王座を巡る抗争は、このラストマン・スタンディング・マッチで一応の決着を見た。今月末の日本公演は、その“アンコール”的なものとなり、来月からまた新たな闘いが始まるだろう。

 WWEは終わらない大河ドラマ。

 シンスケ・ナカムラの物語もまだまだ続くのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中邑真輔
AJスタイルズ
WWE
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ