ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビー'15年W杯戦士、決意の移籍。
木津武士「このままやったらアカン」 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byMasataka Tara

posted2018/06/04 10:30

ラグビー'15年W杯戦士、決意の移籍。木津武士「このままやったらアカン」<Number Web> photograph by Masataka Tara

2015年W杯メンバーだった木津武士。環境を変えることで、再び闘争本能に火をつけている。

「日野から日本代表になってやるぞ」

 子どもについて語るあいだ、木津は父親の顔になっていた。子どもに地元を作ってあげたい。だからそのうち、東京に根を張るのか、神戸に家族を戻して単身赴任にするのかを決めなければいけない。

 どっちが正解なんやろう――。

 しかし話題がラグビーに切り替わると、表情も言葉も精悍に戻る。

「日野から日本代表になってやるぞという気持ちでは来ました。個人で変わることができたら、どこのチームでも選ばれると思うので」

 もうひと花咲かせるために、自分を変えたい。果たして咲くのはサクラか、それとも――。

 少なくとも木津の挑戦者としての生き方は、すでに鮮やかに咲き誇っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

木津武士

ラグビーの前後のコラム

ページトップ