JリーグPRESSBACK NUMBER

鳥取・フェルナンジーニョの“師匠”。
「ミヤモトサン、スゴイデス」

posted2018/05/26 17:00

 
鳥取・フェルナンジーニョの“師匠”。「ミヤモトサン、スゴイデス」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

キャリアの半分以上を日本で過ごすフェルナンジーニョは、人格もあいまって鳥取ではキャプテンに指名されている。

text by

石倉利英

石倉利英Toshihide Ishikura

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 近年のJリーグの外国人選手は、日本での実績と、生活への順応を買われることもあり、複数のクラブを渡り歩くケースが目立つ。

 今季J1で首位を独走する広島で、得点ランク首位の10得点を挙げているFWパトリックは、川崎F、甲府、G大阪を経て、昨季途中から広島でプレー。鹿島のFWペドロ・ジュニオールは大宮、新潟、G大阪、FC東京、神戸を経て、昨季から鹿島に加わった。

 鳥取のFWフェルナンジーニョも、数多くのJクラブでプレーしてきたブラジル人選手だ。

 初来日は2004年、23歳でG大阪に加入。細かいボールタッチを駆使するドリブルと高い得点力を武器に1年目から活躍し、翌05年にはG大阪のJリーグ初優勝に貢献、ベストイレブンにも選ばれている。

 その後は二度の帰国を挟み、清水、京都、大分、仙台、甲府でプレー。三たびブラジルに戻ったのち、'14年途中に鳥取に加入した。'16年までプレーし、昨年はプロキャリア最初のクラブであるフェホビアーリアに所属。シーズン終了後、一度は引退を決意したが、2年ぶりに鳥取に復帰した。

森岡に指名され、キャプテンに。

 京都時代にチームメイトだった森岡隆三監督から主将に任命された今季、J3では第11節まで10試合に出場して3得点。1月に37歳となったが、個人トレーナーとのフィジカルトレーニングなどでコンディションを維持しており、フル出場しないときも80分過ぎまではプレーして、チームの攻撃をリードしている。

 これまでJリーグ7クラブに所属し、日本で12シーズン目になるとあって、日本語は聞くことも話すことも、かなりのレベル。今季はクラブに通訳がいるが、2年前まではおらず、チーム内のコミュニケーションはもちろん、報道陣の取材対応も日本語でこなしていた。

「ガンバでの1年目は、通訳にいろいろな言葉を教えてもらった。2年目からはポルトガル語を話せる日本人の友人と一緒に、個人レッスンをしながら覚えていったんだ」

【次ページ】 日本についての師匠だった宮本恒靖。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フェルナンジーニョ
森岡隆三
ガイナーレ鳥取
宮本恒靖

Jリーグの前後のコラム

ページトップ