JリーグPRESSBACK NUMBER

中村憲剛「今、日本で一番うまい」
大島僚太に、無理を通せる凄みが。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/17 17:00

中村憲剛「今、日本で一番うまい」大島僚太に、無理を通せる凄みが。<Number Web> photograph by Getty Images

技術とともに備わりつつある力強さ。大島僚太は万全でありさえすれば、日本代表のかじ取り役としての資質があるのだ。

数値に穴のないレーダーチャートを。

 ただそれを伝え聞いた大島は、最大級とも言える評価にも、あくまで謙虚である。

「嬉しいと言えば嬉しいですけど、自分自身はそこまでとは思っていないんです。それに、サッカーはうまいことが全てではないですから、もっと自分の課題に目を向けてやらないといけないと思っています」

 ここ2年ほど、大島に課題を尋ねると、どこか1つの項目ではなく、「何でもできる選手になりたい」と全ての部分を伸ばしたい旨を口にすることが多い。

 例えばサッカーゲームなどで見かける、選手の能力数値をパスやドリブル、シュートなどの項目に分けて表示をするレーダーチャートを思い浮かべてほしい。

 大島が目指しているのは、どこかひとつの数値を伸ばすのではなく、あらゆる項目の数値を高めて、レーダーチャート全体の面積を大きくするようなイメージなのだろう。だから「うまいことが全てではない」と語る彼の向上心は、オフ・ザ・ボールの領域にも急速に注がれている。

「ボールがないときもサッカーの一部なので。自分自身、いろんなところに目を向けて、成長しなければいけないところがたくさんあります。フロンターレでボールを扱うところは意識しているし、そこは武器としてプレーできているので、自信を持ってやりたいと思ってます。その上で、もっとたくさん走って、いろんなところに顔を出したいですね」

ときに鬼神のようですらあるデュエル。

 実際、守備の局面で大島が見せる切り替えの早さや球際の強さ、そしてプレー強度の成長は、特筆すべきものがある。前節柏戦の開始直後には、スピードとパワー満点のカウンターを繰り出してきたクリスティアーノに対して、躊躇なく体をぶつけるデュエルを挑んで渡り合った。

 広範囲のカバーリングをこなしてボールを奪い取り、そして攻撃に転じてゴール前に侵入していく。そんな獅子奮迅の姿は、ときに鬼神のようですらある。「小柄な体格とテクニックや戦術眼に優れた選手」という先入観で彼を捉えている人がいたら、その変化に驚くはずだ。

【次ページ】 「勝利の道筋のどこかに自分がいれば」

BACK 1 2 3 4 NEXT
大島僚太
中村憲剛
川崎フロンターレ
ロシアW杯
ワールドカップ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ