ラグビーPRESSBACK NUMBER

一流企業の正社員を辞してプロへ。
ラグビー金正奎は生粋の主将だ! 

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph byMasataka Tara

posted2018/05/09 11:00

一流企業の正社員を辞してプロへ。ラグビー金正奎は生粋の主将だ!<Number Web> photograph by Masataka Tara

社員からのプロ転向。言葉で書くのは容易いが、行動に移すのは勇気がいる。金正奎はその道を迷うことなく歩んでいる。

プロ転向後、人生の伴侶を得た。

 献身的にサポートしてくれる伴侶も得た。金は2018年2月14日にかねてより交際していた女性と入籍。結婚を意識したのは、選手人生最大の怪我がきっかけだ。2016年7月、サンウルブズに招集されていた金は、遠征先の南アフリカで左膝内側靭帯を完全断裂。すぐに帰国して緊急手術し、足首の三角靱帯などにもメスを入れた。左足を地面につけられない状態で、1人暮らしの自宅に戻った。

「1人で生活するのが困難な状態だったんですが、彼女が看病、家事、洗濯をぜんぶ、一生懸命にやってくれて。それが2カ月くらい続きました。僕だったら絶対できないことを平気でできる子だったので、そこにすごく惹かれました」

 プロポーズはプロ転向後。2017年のクリスマスだった。

 公私ともに大きな転機を迎えた金だが、キャプテンを務めるNTTコムもこの春、千葉・浦安に新グラウンド「アークス浦安パーク」が完成。天然芝2面のグラウンド、最先端設備を投入した豪華クラブハウスを備えるが、キャプテンを務める金はチームを引き締める。

「自分たちが変わらなければ結果も変わらなくて、クラブハウスの価値も低くなってしまう。まず自分たちが変わることが第一優先です」

 天性のキャプテンは、いまも信念の通った言葉で周囲を鼓舞し続けている。もしかしたら、周囲の仲間たちやファンはこう感じているのかもしれない。プロであろうとなかろうと変わらない。

 金正奎は金正奎だ。

関連記事

BACK 1 2 3
金正奎
NTTコミュニケーションズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ