新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『常勝キャプテンの法則 スポーツに学ぶ最強のリーダー』エディー・ジャパン元主将が追い求めてきたリーダー像。 

text by

廣瀬俊朗

廣瀬俊朗Toshiro Hirose

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/05/12 15:00

『常勝キャプテンの法則 スポーツに学ぶ最強のリーダー』エディー・ジャパン元主将が追い求めてきたリーダー像。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『常勝キャプテンの法則 スポーツに学ぶ最強のリーダー』サム・ウォーカー著 近藤隆文訳 早川書房 2300円+税

 この本の英文タイトル『The Captain Class-The Hidden Force That Creates the World's Greatest Teams-』を見た瞬間、興奮を抑えきれなかった。なぜなら、僕自身がこれまでの人生において突き詰め、次世代に伝えていきたいことがテーマになっている、と確信したからだ。

 僕のラグビー人生を振り返ると、幸運にも各世代でキャプテンをさせて頂いた。「どうしたらチームが成功し、目的を達成できるのか? そのためにキャプテンが貢献できることは何か?」と考え続けてきた。しかし、本質が見出せなかった。チームは生物であり、状況に応じて取り組みを変えないといけない。プレッシャーも大きかった。特に東芝で'07年に主将に任命された時の「日本一のチームになるためには、日本一のキャプテンが必要」という前主将・冨岡鉄平さんの言葉を良く覚えている。優勝が当たり前のチームで、その一言は重かった。意味も具体的には理解できていなかった。結果として冨岡さんを真似ることが多くなり、自分らしさが出せず苦しい思いをした。1年目を振り返るアンケートを取ると、「リーダーがいなかった」と書かれていた。仲間に申し訳ない、と強く思った。それ以来、覚悟を決め、状況は少しずつ良くなった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

サム・ウォーカー
エディー・ジョーンズ
廣瀬俊朗

ラグビーの前後のコラム

ページトップ