Before The GameBACK NUMBER

一瞬の粗暴。永遠の潔癖。~スポーツがアマチュア精神にあふれていた頃の、あるラガーマンの話~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/04/24 15:00

一瞬の粗暴。永遠の潔癖。~スポーツがアマチュア精神にあふれていた頃の、あるラガーマンの話~<Number Web> photograph by AFLO

オールブラックス時代のキース・マードック。

 29歳。国際戦の勝利。愉快な祝杯。深夜、腹がすいた。宿泊先のバーのキッチンへ侵入、警備員ともめて殴ったとされた。人生が変わった。

 本年3月30日、オールブラックス、ラグビーのニュージーランド(NZ)代表の元プロップ、キース・マードックの死が明らかとなった。74歳。ミステリアスな人物は痛々しく、哀しく、どこか清らかなスポーツ史の一部と化した。

 まず、あの夜の出来事から。

 1972年12月2日。オールブラックスは、敵地カーディフで、ウェールズ代表と対戦、19-16で勝利する。唯一のトライを挙げたのは、屈強なスクラムで鳴らしたキース・マードックだった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

オールブラックス
キース・マードック

ラグビーの前後のコラム

ページトップ