野球クロスロードBACK NUMBER

高橋由伸監督と巨人は勝利に飢える。
「奮輝」に込めた3年目のリベンジ。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/05/06 08:00

高橋由伸監督と巨人は勝利に飢える。「奮輝」に込めた3年目のリベンジ。<Number Web> photograph by Kyodo News

過去2年よりも表情を見せることが増えた高橋由伸監督。それはチームへの手応えがリンクしているのかもしれない。

岡本や吉川尚の台頭を促した采配。

 周囲からすれば、11年ぶりのBクラスは不名誉な成績なのだろう。だが、負けこんでいる時期においても、高橋監督は若手の起用を積極的に行うなど、采配で攻めた。

 結果的に敗戦の数々が高橋監督を逞しくしたわけだし、だとしたら今年の巨人は強くなる。現に今季は、連敗しても連勝で巻き返す粘り強さがあり、岡本和真や吉川尚輝と、ここ数年の懸案事項だった若手の台頭も目立っている。

「チームが変わる、強くなるためには、新しい戦力が絶対に必要になってくる」

 そんな、高橋監督の力強い言葉が脳裏に浮かぶ。

 奮い立ち、巨人のプライドと輝きを取り戻すため――雌伏を経て、リベンジへの臨戦態勢は、すでに整っている。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
高橋由伸

プロ野球の前後の記事

ページトップ