マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

鹿児島の松本晴は超センバツ級だ。
高校生左腕が少ない2018年の一推し。

posted2018/05/03 07:00

 
鹿児島の松本晴は超センバツ級だ。高校生左腕が少ない2018年の一推し。<Number Web> photograph by AFLO

世代というのはプロ入りや進路にも大きく影響を与える。左腕が貴重な年、捕手が貴重な年、など傾向は様々だ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

AFLO

「今年の高校生は候補が少ない」という気配は、実は去年、新チームの「秋季大会」の頃から見えていて、とりわけ「左腕」がいないことについてはみんなが口を揃えていた。

 案の定……というかセンバツでも、即答で「松井裕樹!」と名前が挙がるような左腕は見当たらず、多くが推した増居翔太(彦根東)は間違いなく「好投手」ではあったが、誰もが唸るほどの剛腕とまではいかず、例年とは少々違った意味での「推し」だったというのが、ほんとのところだったろう。

「九州の左では、いちばんいいんじゃないですか」

 昨秋、土地の人から聞いていたそんなひと言が、妙に耳に残っていた。

 その左腕をじかにこの目で確かめるためだけに、鹿児島までやって来た。

 なのに、鹿児島・樟南高の先発が松本晴(3年・180cm77kg・左投左打)じゃないから、高校野球の旅は面白い。

高校野球の春先にはよくあること。

 基本、負けたらおしまいのトーナメントの世界。相手が強い試合の1つ前は2番手で……。よくある戦術、そしてよくある番狂わせのパターンである。

 この時期16~7歳、ガタイは立派でも心身の中身はまだ“子ども”の高校生だ。体調の変化も、野球の調子のほうの変化もまだ日替わりで、お目当ての選手がグラウンドにも出てこない。

 そんなことがよくあるのが、高校野球の「春先」ではある……が、そんなものわかりのいいことを言ってられる場合じゃない。

 こっちは1500キロも向こうからやって来て、次はいつ来られるのかわかりゃしないのに……。

 こういう場面での祈るような思いは、わかる人にはいたくわかるはずだ。

【次ページ】 先発の宮下も、ヨソなら立派なエース。

1 2 3 NEXT
樟南高校
松本晴

高校野球の前後のコラム

ページトップ