【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講BACK NUMBER

池田純が危惧するプロ野球のあり方。
「ファンサービスが模倣に溢れている」 

text by

池田純

池田純Jun Ikeda

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2018/05/01 08:00

池田純が危惧するプロ野球のあり方。「ファンサービスが模倣に溢れている」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

4月25日に行われた皆川賢太郎氏の回。講師と受講者は対等の目線の位置で座っており、疑問があればいつでも発言できる。

自らの言葉で大きな夢を打ち上げないと。

 ベイスターズも、勝って盛り上がっている間はお客さんが集まり続けるでしょう。しかし、ベイスターズをはじめ各球団のファンサービスや経営を目にすると、模倣が模倣を生み、画一的な雰囲気が生まれてきているようにも思うのです。

 横並びの模倣合戦に、造り手側、経営側の気持ちが本当にこもっているのか……。ファンはそういったところを鋭敏に感じ取るものです。

 ファンの皆さんは、スポーツを通して夢を見たい。それを実現するためには、経営者がまず、自分で考え、心底情熱を込め、自らの言葉で、大きな夢を打ち上げないと始まりません。

 夢が長期的な戦略を生み、1つ1つの企画に連続性が生まれます。気持ちが込められているので、論理を超えて、ファンの心、世の中、選手たちへと伝わるのです。「次は何やってくるんだ!?」と期待され続ける好循環が生まれるのです。

 NSBCは、真似事ではない、五感を刺激する「最先端のスポーツビジネスの真髄」を知り、養える場を目指しています。4月20日に発売になった新書『最強のスポーツビジネス』には'17年度の講義が収録されています。一流経営者達の心が伝わるはずです。ぜひ読んでいただけたら幸いです。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中田英寿
皆川賢太郎
木谷高明

プロ野球の前後の記事

ページトップ