ROAD TO THE DERBY 2018BACK NUMBER

皐月賞で好走のジェネラーレウーノ。
驚異の粘りを生む圧倒的ポテンシャル。

posted2018/04/25 07:30

 
皐月賞で好走のジェネラーレウーノ。驚異の粘りを生む圧倒的ポテンシャル。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

上位人気馬が総崩れになった皐月賞では、8番人気の3着。ダービーが世代内での本当の格付けになる気配だ。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

 皐月賞で3着だったジェネラーレウーノは、調教師の矢野英一が北海道セレクションセールで一目惚れした馬だった。

「見た目の第一印象がよくて後から血統を調べたらスクリーンヒーローの仔でした」

 スクリーンヒーローは母系がどんなタイプでも走るというイメージを持っていたので、購買していただけないかオーナーに相談した。

「セレクトセールで狙っていた馬が高過ぎて買えませんでした。だから1500万円までなら、ということで競ってもらいました」

 結果は予算を大幅に上回る3240万円で落札してもらえた。育成はノーザンファームで行った。

「牧場での評価は高かったけど『もう少し自分から走る気が欲しい』と言われました。ただ実際に入厩すると、意外に2歳馬とは思えないほど楽に動いてくれました」

 さらに調教を積まれるうちに、どんどんやる気が感じられるようになったと続ける。

走る気を出さなかった新馬戦。

 そうして迎えたのが2歳の7月、函館での新馬戦。ルメールを背に乗せたこのデビュー戦で単勝1.2倍の圧倒的1番人気に支持された。

 しかし、「ゲートが開いた時からトボけて」(矢野)アオり気味のスタート。後方を追走すると、3コーナーでは早くも鞍上の手が激しく動いた。ゴール前は急追する伸びを見せたものの3着まで追い上げるのが精一杯。人気を裏切る形に終わってしまった。

 その走りは、矢野の言葉とは裏腹、道中のやる気を感じさせないモノだった。

「調教の手応えでは、掛かり気味に行って逃げ切り勝ちまであるかと思っていました。ところがゲートが開いたらフワついて自分から走る気を出しませんでした。『牧場から言われたことが、ここで出たか?!』という気持ちでした」

 こんなはずでは無いという指揮官の思いは、すぐにあかされることになる。

【次ページ】 走る気を出すための対処法が効いた。

1 2 3 NEXT
ジェネラーレウーノ
矢野英一

競馬の前後のコラム

ページトップ