プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

新日エース棚橋弘至が「蘇る」宣言。
オカダ・カズチカと最後のIWGP戦!? 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/04/23 17:00

新日エース棚橋弘至が「蘇る」宣言。オカダ・カズチカと最後のIWGP戦!?<Number Web> photograph by Essei Hara

ついにオカダ・カズチカと4勝4敗2分の決着をつけることとなった棚橋弘至。エースとして、完全復活できるか!?

オカダに敗れてから始まった、葛藤の日々。

 棚橋は駆け出しのオカダに2012年の東京ドームで「IWGPは遠いぞ」と言ったのに、直後の2月に大阪で負けてタイトルを失った。

 同年6月には大阪ですぐに奪還したが、あれは「おごり」だったと反省している。

 そして棚橋が一度は「さらばだ、IWGP」(2013年10月)と言ってきっぱりと別れを告げたIWGPという看板タイトルへと復権したのは、2014年10月だった。そのオカダの初防衛戦となった東京ドームでの対決では、棚橋に敗れたオカダが涙を流している。

 だが2016年1月、当時の王者だったオカダに棚橋が敗れると……今度は棚橋に葛藤の日々が続くこととなった。

「日々、試合をしていくことが、レスラーにとっては呼吸しているようなもの。生きているっていう感じ。欠場を繰り返していた分、こうしてシリーズに出て試合ができるというところに感謝の気持ちもある。ただ1つ悔しいのは、まだオカダを本気にできていない。何のための前哨戦なんだと思う。オレにはまだその資格がないのかと」

 棚橋はそんな率直な気持ちも吐露した上で、だからこそ「蘇る」と約束してみせたのだ。

 もし、言葉通り「蘇る」ことができなければ、これが棚橋弘至にとって最後のIWGP戦になってしまう――。

「新日本プロレスのエースはオレだから」

 5月4日の福岡は、2016年1月4日の東京ドーム以来、棚橋にとっては2年4カ月ぶりのIWGP戦になる。

「オカダは強いよ。強いけれど、新日本プロレスのエースはオレだから」

 過去の2人のシングルマッチでの戦績は10戦して4勝4敗2分。2つの引き分けはG1クライマックス公式戦での30分時間切れのものだ。

 IWGP戦に限れば7戦してオカダの4勝3敗。

【次ページ】 棚橋ファンですらタイトル奪取は困難と。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

棚橋弘至
オカダ・カズチカ
田口隆祐
中西学
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ