プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

新日エース棚橋弘至が「蘇る」宣言。
オカダ・カズチカと最後のIWGP戦!? 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/04/23 17:00

新日エース棚橋弘至が「蘇る」宣言。オカダ・カズチカと最後のIWGP戦!?<Number Web> photograph by Essei Hara

ついにオカダ・カズチカと4勝4敗2分の決着をつけることとなった棚橋弘至。エースとして、完全復活できるか!?

自分自身でさえ「棚橋弘至は死んだのか」と。

 棚橋にとって失敗続きだった復活ロードの幕がやっと開いたというのが実感だろう。自分でもこんなに困難を極めるとは思っていなかったはずだ。

 いつの間にか「ちょっくら」なんていっている状況ではなくなっていた、ということか。

 ニュージャパンカップでも優勝できずに、準優勝。今回は2番手での王座挑戦という形になった。

 オカダに「(休んでばかりいて)そんなのレスラーじゃない」と揶揄されても、黙っているしかなかった。

 それくらい棚橋は落ちるところまで落ちた。

 そして自分自身でさえ「棚橋弘至は死んだのか」と感じるまでに至った。

 でも、その自分自身が感じた復調の兆しに「蘇る」という言葉を選択して、棚橋はそれをエネルギーにしたのだ。

「エネルギーを使っているつもりが、エネルギーを吸収している。アウトプットしながら、インプットもしている。これは、今までできなかったことかもしれない」

「なかなかオカダに火がつかない」

 棚橋はおちゃらけのようにも見える新ユニット“タグチジャパン(田口隆祐、棚橋弘至、中西学)”が気に入っている。

 だから、そのキャプテンマーク「C」のアームバンドも堂々と巻いてみた。これもエネルギーの吸収なのかもしれない。

「なかなかオカダに火がつかない。でも、すごく似ているんだよね、2012年のあの時のオレと。おごっていた棚橋のシチュエーションと、よく似ている。

 今のチャンピオンは試合もダントツで、コンディションも良くて、人気もあってね。全部持っている。オレはその逆。

 これで勝てたら奇跡? 

 いや、オレはそうは思わないね。2012年の棚橋が負けたように、2018年のオカダが負けることだってある」

【次ページ】 オカダに敗れてから始まった、葛藤の日々。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

棚橋弘至
オカダ・カズチカ
田口隆祐
中西学
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ