SCORE CARDBACK NUMBER

コーチに就任した柴田勝頼。彼の頭に引退の文字はない。~父から受け取った闘魂は、まだ消えない~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/04/24 06:00

コーチに就任した柴田勝頼。彼の頭に引退の文字はない。~父から受け取った闘魂は、まだ消えない~<Number Web> photograph by Essei Hara

柴田はコーチ就任に際して「若い選手達に今まで培ってきた基礎や知識や技術、精神論をたたき込んでいきたい」。

 ソメイヨシノの満開と同じくして、朗報が届いた。昨年4月、両国国技館大会でのオカダ・カズチカ戦後、急性硬膜下血腫を発症。戦列を離れていた柴田勝頼が3月24日、アメリカ・ロサンゼルスに開設した新日本プロレス道場のコーチに就任した。この知らせを聞いて、「本当によかった!」と安堵した春なのだ。

 実は、問題の両国大会でオカダに敗れ、昏倒する数時間前、私は柴田に「体の具合はよくないんだろう」と声をかけている。本人は「最低ですよ。ボロボロ……」と、なんとも切ない返事。「それはまずいな……」。私がボヤキとともに抱いた危惧が現実となった。気になる選手だっただけに、気が重かった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

柴田勝頼
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ