プロ野球亭日乗BACK NUMBER

井端コーチが見抜いた岡本和真の才。
「一塁守備」で打撃向上の論理とは? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/04/18 10:30

井端コーチが見抜いた岡本和真の才。「一塁守備」で打撃向上の論理とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

ホームランを放ち、菅野智之らにベンチで迎えられる岡本和真。21歳の「天才型」打者は、シーズンを通して活躍できるか?

「一塁・阿部待望論」もあるが……。

 井端コーチは言う。

「守っていて守備に不安がないから、打撃のことも準備できる。次の回には打順が回ってくると思えば『チャンスで回ってこんかな』とか思いながら、前の打席のピッチャーの攻めとかもきちっと整理したりもできた。

 守備に自信がないと、守っていても周りが見えなくなるから、そういう余裕はなくなるんです。

 僕は岡本が一塁を守るようになって、将来的にもよかったと思っています。一塁は難しいし、それだけ野球へのアプローチが幅広くなる。そういうこともバッティングに必ず生きてきます。三塁手ではなかなかそうはいかなかったと思うから」

 これが名手だから見えていた岡本の成長の道だった。

 開幕から低迷するチームに外野からは「一塁・阿部待望論」があるのは確かだ。

 ただ、攻撃だけではなく守備も含めたトータルで考え、何よりチームの将来を見据えたときには、おいそれとは岡本を外せないのもまた事実だろう。

 多少のスランプでもどこまで我慢して岡本を使い続けられるか。そこが今年の巨人にとっての1つの試金石となるはずである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
岡本和真
井端弘和
田淵幸一
阿部慎之助
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ