JリーグPRESSBACK NUMBER

8試合でわずか2失点の驚異的堅守。
広島・林卓人「動かぬ」守護神哲学。

posted2018/04/18 08:00

 
8試合でわずか2失点の驚異的堅守。広島・林卓人「動かぬ」守護神哲学。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

首位を走る広島の最後方を支える林卓人。その安定感で2、3月のJ1月間MVPに輝いた。

text by

岩崎龍一

岩崎龍一Ryuichi Iwasaki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 クリーンシート。

 文字通り何も書きこまれていない、真っさらな紙。サッカーでは無失点試合を意味する。守備者は勝利という結果はもちろんだが、自分の心を納得させるために、その理想を求めボールを追うのだろう。チームスポーツの中にも、個人の充足感を追求する人はいる。

 8試合を終えて、クリーンシートが6試合。今シーズンのJ1で、驚きの展開が巻き起こっている。サンフレッチェ広島が、失点わずか2と驚異的な堅守を基盤に首位を独走。7勝1分けと、いまだ無敗を続けているのだ。

 昨シーズン、J2に陥落した16位ヴァンフォーレ甲府との勝ち点差は、最小の1ポイント。残留争いに巻き込まれた15位の広島が、半年後にこのような快進撃を演じるなど誰が予想しただろうか。

鍛え抜かれた体のサイズは、まるで壁。

 J1が現行の18チームになったのが2005年。以降を見ると、第8節を終えて最も失点の少なかったのは4点だ。'06年、'15年の浦和レッズ、'11年の柏レイソル、'12年のサガン鳥栖、'15年のFC東京が記録しているが、広島はそれをもさらに上回る。

 その光景はかつて、堅固な守備戦術の代名詞といえる“カテナチオ”を駆使して「ウノ・ゼロ(1-0)」で勝利をもぎ取ったイタリアを彷彿とさせる。そしてアズーリ(青/イタリア代表の愛称)には、常に優秀なGKがいたように、現在の広島のヴィオラ(紫)には、林卓人がいる。

 ゴールマウスに立つ、その存在感は抜群だ。188cm、87kg。確かに身長に関しては、Jリーグでも同等のGKはいる。だが近づいてみて驚くのは、鍛え抜かれた体のサイズだ。厚みがあり、幅も広い。ゴール前に立ちはだかれば、まさに存在は壁だ。ストライカーはシュートコースを探すのさえ難しいだろう。

【次ページ】 的確なコーチングと基本への忠実さ。

1 2 3 NEXT
サンフレッチェ広島
林卓人
城福浩

Jリーグの前後のコラム

ページトップ