プロ野球亭日乗BACK NUMBER

大谷翔平が最速“インストール”した
プホルス先生の「ヒールダウン打法」。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2018/04/13 11:45

大谷翔平が最速“インストール”したプホルス先生の「ヒールダウン打法」。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

日本人選手の多くが悩んだメジャーリーグへの適応。この短期間での大谷の尋常ならざる急成長ぶりには理由があった。

開幕直前にちょっとフォーム修正をした!?

 ご存知のように日本ハム時代の大谷は、右足を振り子のように大きく上げてタイミングをとる一本足打法だった。

 日本の投手の多くは「一、二の三」という投球リズムが多く、「二」と「三」の間にはしっかり「の」という間がある。これだと、大谷の大きく右足を上げる一歩足打法でもタイミングが取れていた。

 ところがメジャーの投手は「二」と「三」間の「の」がない、忙しないフォームが多い。

 大きく足を上げるとどうしてもタイミングが取りづらく、構え遅れてしまっていた。これは昨年のワールド・ベースボール・クラシックに出場した日本人打者の多くが苦労していたことでもあったのだ。

 そこで開幕直前にフォームの修正を行った。開幕の3日前のロサンゼルス・ドジャースとのオープン戦で、突然、自分の「の」も省いた打ち方に変えたのである。

 一般的には「ノーステップ打法」と言われていたが、正確には「ヒールダウン打法」というのが正しい呼称のようだ。

「打ち方を変えたわけではない。一部を省いただけ」

 右足を上げる動作を小さくして、右ひざを内側に絞るようにひねりながら、右かかとをヒールアップする。

 そこから一気にインパクトに向けてかかとを踏み込んでヒールダウンする。

 今までと同じように右に踏み込む感覚は維持しながら、足の動きをかなり小さくして時間を省略できる打ち方だった。

「打ち方を変えたわけではない。一部を省いただけです」

 この修正についての大谷の説明だった。

 右足を踏み込むという基本は残して、踏み込むまでの動作のかなりの過程を省いた。日本時代からの幹は残してメジャー流に修正できた。そのヒールダウン打法が、打者・大谷の成功の秘密だった。

 そんな取材をしているときにハッとする話を聞いた。

 ロサンゼルスで一緒に試合を観戦していた野球ライターの石田雄太さんから「大谷はモノマネ名人」という話を聞いたのだ。

【次ページ】 日本ハム時代はブライス・ハーパーを真似していた。

BACK 1 2 3 4 NEXT
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
ブライス・ハーパー
ビリー・エプラー
アルバート・プホルズ
マイク・トラウト
ベーブ・ルース

MLBの前後のコラム

ページトップ