Number ExBACK NUMBER

大谷翔平のあの偉業をどう伝える?
Number初“二刀流表紙”ができるまで。 

text by

瀬尾泰信(Number編集部)

瀬尾泰信(Number編集部)Yasunobu Seo

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/04/12 11:30

大谷翔平のあの偉業をどう伝える?Number初“二刀流表紙”ができるまで。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

打者編と投手編というNumber史上初の“二刀流表紙”。今後も、大谷翔平はきっと我々を驚愕させ続けてくれるはずだ!

“二刀流表紙”を実現させる奥の手を!

 編集長松井にそのアイデアを話すと、松井は一心不乱に各所に内線電話をかけはじめた。

 印刷会社、営業部、広告関連のセクション、そして資材制作部。この雑誌に関わるさまざまな部署との調整を終え、最終的には雑誌の原材料である紙の追加手配をお願いする。そして数時間後、資材制作部から「紙、手配できました!」と連絡が入った……。

 今号の表紙のスタイルは、雑誌や本の業界では「片観音」と呼ばれている。表紙の紙を通常の倍近くの大きさにして(だから追加の紙が必要だったのだ)、表紙の裏側に折り込む形で収容する。すなわち……

1)通常の表紙部分
2)表紙部分の左側に位置する、折り込み部分の表
3)折り込み部分の裏

 この3面で「二刀流表紙」を表現することになった。

 つまり1)には、ホーム開幕戦でのホームランを放った打者大谷が、2)にはベンチで祝福を受けている大谷が、そして3)には、デビュー戦で力投する投手大谷が刷られている。そして、巻き折り部分を逆に折り返すと……3)が表紙の位置に来る、というわけだ。

 今、実際に刷り上がった雑誌の表紙をパタパタといじりながら、改めて「先入観は可能を不可能にする」という言葉を思い浮かべている。

 かくして、大谷翔平選手の二刀流での華々しいメジャーデビューに小誌として最大限の敬意を表して、Number史上初の「二刀流表紙」が誕生することとなった――。

開幕してからの「衝撃の1週間」を振り返っての大谷翔平選手のインタビュー「僕はまだ何も変えていない」、元日本人メジャーリーガーである吉井理人、福留孝介による二刀流分析、さらには大谷選手のこれまでの発言を「童心」「哲学」ふたつのキーワードで切り取った「二刀流野球語録」など、大谷選手を大特集した『Sports Graphic Number』950号「MLB2018 DREAM OPENING 大谷翔平 夢の始まり」、是非お手にとってみてください。
この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
大谷翔平
水原一平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ