“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

「俺は走れるようになったんだ!」
新潟・早川史哉、白血病との戦い。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/03/11 09:00

「俺は走れるようになったんだ!」新潟・早川史哉、白血病との戦い。<Number Web> photograph by Takahito Ando

リハビリに励む本人のブログには、「明日も楽しむぞ! レッツトライ!!!」という言葉が。

最初は練習の疲れや能力不足だと思っていた。

「開幕前から少しだけ異変を感じていたんです。朝早くに目が覚めるし、目覚めたら背中は汗がびっしょりで、疲労も残るし……。

 開幕してしばらく経つと、練習に出ても最初の方のダッシュでもう足がパンパンになって、最後の紅白戦をプレーするどころの騒ぎではなかった。だけど、プロとしてその場にいる以上、やらないといけない。監督、選手からの要望もあるし、それにできるだけ応えたいのだけど、身体が動いてくれない辛さがあって。

 練習後に風呂に入っていて、『よし上がろう』と思って立ったら、目の前が真っ暗になってよろめいて。そこからしばらく動けなくなったり……。

 第7節の広島戦のあとも後泊したホテルで強烈な寒気が起こって、全然眠れなかった。『これはまずいかも』と思ったのは、第8節の名古屋戦の後にリンパ節が腫れていて……。それで診察を受けたら急性白血病と診断されたんです」

病気を受け入れ、治療の覚悟を決めるまで。

 そこからすぐ、彼は療養に入ることになった。

「正直、症状はあるけど、病名がはっきりしていない時が一番怖かった。『白血病です』と医師から言われたときは、率直に『そうだったのか』と思っただけ。

 もちろん少なからずショックはあったけど、『なんだ、だからこんなに辛かったんだ。動けなかったのは俺のせいじゃなかったんだ』と思ったんです。

 自分をようやく認めてあげたというか、それまでは『俺、プロなのに一体なにやってんだ』とか、『情けないな』とも思っていた。でも、それは俺のせいじゃなかった、病気のせいだったんだって。自分をようやく認めてあげることができたし、しっかりと治療をして、しっかり治してからもう一度あのピッチに戻ろうと考えました」

 病気を受け入れ、全力で治療に取り組むことに決めた。

【次ページ】 「チームとしてもサポートしていきたい」

BACK 1 2 3 4 5 6 7 NEXT
早川史哉
アルビレックス新潟
吉武博文
筑波大学

Jリーグの前後のコラム

ページトップ