プロ野球亭日乗BACK NUMBER

松井秀喜の言葉から探る打撃の真髄。
岡本和真が村田修一を越えるために。

posted2018/02/16 10:30

 
松井秀喜の言葉から探る打撃の真髄。岡本和真が村田修一を越えるために。<Number Web> photograph by Kyodo News

宮崎キャンプでは松井秀喜臨時コーチの指導も受けた岡本。果たして覚醒なるか。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 巨人の宮崎キャンプを見ていてフッと村田修一内野手のことを思い出した。

「いま何をやっているのだろう?」

 昨オフに巨人を自由契約となり、現役続行を宣言したがNPBでは契約をオファーするチームがなかった。風の便りでは独立リーグのあるチームと契約内定まで進んでいるとも聞く。そこでプレーを続けながら、シーズン開幕後にもNPBのどこかで故障者が出たり、また戦力的に穴埋めが必要になったチームから声がかかるのを待つということになるのだろう。

 なぜ村田を思ったかといえば、内野ノックで三塁にいた背番号25を目にしたからだった。

 岡本和真内野手である。

 村田の背番号25を受け継ぎ、今年こそレギュラーポジション奪取を期待される4年目のスラッガーだ。

 そもそも村田が戦力外通告を受けた一番の理由は「チームの若返り」ということだった。その若返りの一番手として高橋由伸監督や鹿取義隆GMらフロント幹部が考えるのが、この岡本だった。そのことは村田が去るとすぐにその背番号25を継承させたという事実が示していた。

「すごく才能のある選手だと」(松井)

 ただ、現実はそう簡単にはいかないようだ。

 三塁の守備はグラブさばき、足の運び方などまだまだ課題も多く、シートノックでは一塁を守ることも多い。売り物の打撃に関しても、まだ一軍の壁を乗り越えるには課題が山積みしている。

 それがこのポスト・村田の宮崎キャンプでの現状だった。

「すごく才能のある選手だと思うし、気づいたことはどんどん伝えていきたい」

 その岡本に熱心に打撃指導を行ったのが、6日から巨人キャンプを訪れていた元ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜さんだった。

【次ページ】 松井から以前聞いた興味深い打撃論。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
松井秀喜
村田修一
岡本和真

プロ野球の前後のコラム

ページトップ