オリンピックPRESSBACK NUMBER

平野歩夢、意外と饒舌な会見で。
「人と違う滑りで上を目指して」 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2018/02/15 17:00

平野歩夢、意外と饒舌な会見で。「人と違う滑りで上を目指して」<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

クールな表情が印象に残る平野だが、銀メダルを手にした笑顔もまた、まぶしい。

東京五輪は身体を休めてからの話。

 2年後の東京五輪に向けての率直な思いにも言及した。新種目として採用されたスケートボードは、平野が幼い頃から特訓を続けてきた競技だ。

「東京五輪をここから目指すなら、時間のない中でのすごくハードなトレーニングになると思う。自分はまだはっきり決めていない部分があります。それをこれからしっかり整理して考えられたらと思う。当然、可能性があれば、という形で考えてはいます」

 今は平昌五輪の激戦を終えたばかり。身体を休めてリフレッシュした後に、具体的なプランを練っていくことになりそうだ。

「平昌五輪までの4年間は、自分にとって1日1日が試練のような毎日だった。1日1日、自分の中で目的を設定してから地道なトレーニングをしてきた。その中で自分のフィールドや、自分1人の空間をすごく大事にし、いろいろな生活の習慣なども変えてきた」

 15歳から19歳までの若き4年間に力を注いだのは、決して楽しいことばかりではなかった。

「どちらかというと、自分のやりたくない苦手なことにチャレンジしてきた4年間。そのために生活からスノーボードまで共有できた4年間でした。これからも自分が大事にしていることを、高め続けなければいけないと思っています」

「人と違う滑りで上を目指して」

 決意を新たにした平野は一言一言をかみしめるように、言葉を選んで、最後にこう言った。

「スノーボードで頂点をとり続けることは簡単ではないことを、今回も改めて実感しました。これからも自分で考えた式と答えの中で、人と違う滑りで上を目指し、上の結果を取り続けられたらと思う。自分のこだわっているものや勝ち方にこだわりながら、またがんばっていきたい」

 もしかしたら2年後、そして4年後には必ず。平野はその歩みで見る者を惹きつけていく。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。

関連記事

BACK 1 2 3
平野歩夢
ショーン・ホワイト
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ