Jをめぐる冒険BACK NUMBER

川崎相手だと、上海上港でも守る。
公式戦2連敗は「心配する必要ない」。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byYusuke Nishizono

posted2018/02/14 17:00

川崎相手だと、上海上港でも守る。公式戦2連敗は「心配する必要ない」。<Number Web> photograph by Yusuke Nishizono

悲願の初タイトルを手にしても、フロンターレは変わらない。帰ってきた大久保嘉人も、すぐにフィットするはずだ。

W杯イヤーの特殊日程も、川崎には有利。

 また、わずか5分ほどだったが、終盤に投入された大卒ルーキー、守田英正にも触れておきたい。エドゥアルド・ネットに代わってボランチに入ると、中盤でのパスワークに加わったあと、何度もゴール前に飛び出して、相手を撹乱していた。この力強い動きに阿部も「パワーのある選手が入って、さらに前に出られるようになった。あれをもう少し早くからやりたかったですね」と讃えた。

 守田は飛び出しだけでなく、バックステップで視野を確保しながらポジションを取り直し、相手の間に入ってパスを受けるなど、川崎のビルドアップに参加するために必要なものを短期間でどんどん身に付けている。

「苦手なことなので自主練で必死に取り組んでいますけど、まだまだです」と謙遜したが、中村は「球際も強いし、守れてさばける選手はそんなにいない。意識も能力も高い」と太鼓判を押している。スタメンを飾る日も遠くはなさそうだ。

 もちろん、ホームゲームであり、勝てるゲームだっただけに、もったいない敗戦だった。だが、何試合か積み重ね、崩しのイメージが噛み合い、パススピード、判断スピードが戻ってくるにつれ、調子が上がるのが川崎にとっては例年の光景だ。

 今季は夏のロシアワールドカップの影響で日程が前倒されているため、2月20日のACL第2戦を含め、リーグ開幕前に公式戦を3試合こなすことになる。それは、エンジンが掛かるのが遅い川崎にとって、アドバンテージになりそうだ。

関連コラム

BACK 1 2 3
川崎フロンターレ
中村憲剛
守田英正
大久保嘉人

Jリーグの前後のコラム

ページトップ