JリーグPRESSBACK NUMBER

川崎に大卒生え抜き選手が多い理由。
憲剛「うちには目利きのスカウトが」
 

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2018/02/13 11:40

川崎に大卒生え抜き選手が多い理由。憲剛「うちには目利きのスカウトが」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

川崎フロンターレはいい意味で、他と全く違う文化を持つクラブである。その一端に「大卒生え抜き」の系譜もあるのかもしれない。

憲剛の背中を見て小林悠、さらに谷口、車屋。

 それを地で行くのが中村憲剛だ。

 当時、関東大学2部リーグの中央大から無名に近い存在として加入。クラブとともに成長し、川崎Fの顔として定着した。いつしか大卒の「生え抜き」がチームに増え、クラブの主軸を担うようになってきた。

「自分で言うのも変だけど、大卒の生え抜きの俺らが長くいるから、周囲もそういう見方をするんだろうね。きっと、今の学生から見るフロンターレ像も同じだと思う。だから、有望な大学生も来てくれる。先輩がいるのは、やっぱり大事。

 俺も宏樹さん(現スカウト)の背中を見ていたから。このクラブで長くやりたいと思うもの。俺の背中を見て(小林)悠が、悠を見て(谷口)彰悟が、彰悟を見て(車屋)紳太郎って……。みんな先輩を見ている。生え抜きが、また次の生え抜きを生む。いまサイクルができている。これはクラブにとって、すごく大事なこと」

 昨季、中村からキャプテンを引き継いだ小林も、生え抜きの重要性を理解していた。

「後輩たちが、ずっとフロンターレにいたいと思うような雰囲気をつくりたい」

 副キャプテンを務める谷口も先輩の後ろ姿をしっかりと見ていた。

「いい見本がいるので」

 こうして、大卒の生え抜きの系譜は継がれていくのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
川崎フロンターレ
中村憲剛
小林悠
谷口彰悟
車屋紳太郎
長谷川竜也
知念慶
守田英正

Jリーグの前後の記事

ページトップ