オリンピックPRESSBACK NUMBER

“スーパー小学生”から十数年……。
高木美帆にかかる日本勢メダル第1号! 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2018/02/10 08:00

“スーパー小学生”から十数年……。高木美帆にかかる日本勢メダル第1号!<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

バンクーバー五輪、団体パシュートで銀メダルを獲得した時の高木美帆(写真右)は控え選手だった。左から、田畑真紀、小平奈緒、穂積雅子。

「雪辱を果たすことができるのは五輪の舞台だけ」

 平昌五輪会場となる江陵オリンピックオーバルで滑るのは、昨年2月の世界距離別選手権に続いて2度目となる。そのときの3000mの成績は、自己ベストとなる4分4秒50をマークしたものの、8位という平凡な順位に終わった。

 優勝は3分59秒05を出したイレイン・ブスト(オランダ)。

 五輪3大会で4個の金メダルを獲得してきた長距離の女王であり、平昌五輪では高木美帆と同じような1000m、1500m、3000m、チームパシュートの4種目にエントリーしている。今回も高木美帆にとって最大のライバルとなるのはブストだろう。

 女子3000mは10日午後8時から競技が始まる。

「8年前や4年前の悔しさを晴らし、雪辱を果たすことができるのは五輪の舞台だけ。ここからが勝負です」

 一発目のレースですべてに通じる良い流れを作っていこうという覚悟が、自身のパワーにもなっていくはずだ。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。

関連記事

BACK 1 2 3
高木美帆
イレイン・ブスト
田畑真紀
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ