オリンピックPRESSBACK NUMBER

選手村の中はどうなっているのか。
伊藤華英が感じた五輪特有の空気。

posted2018/02/11 08:00

 
選手村の中はどうなっているのか。伊藤華英が感じた五輪特有の空気。<Number Web> photograph by Hanae Ito

伊藤華英さんにとっては、選手として2度、そして今回で東京五輪の組織委員として3度目となる選手村だ。

text by

伊藤華英

伊藤華英Hanae Ito

PROFILE

photograph by

Hanae Ito

 平昌は、晴天が続いている。

 どんなに嘆いても、待ち望んでもこの時はやってくる。

 4年に1度のオリンピック。引退して5年になるが、何となく心がざわつく。

 この日に向けて、どれだけの人が準備をしているのだろうか。自分自身の経験を思い出す。アスリートたちの想いを、平昌と江陵を往復しているだけで感じる。

 平昌のメインスタジムの周りには、各国の言葉で「友情」「Gracias」など、書かれたコーナーなどもあり、街もお祭りムードが漂っている。

 江陵オリンピックパークも準備が整ってきているようだ。人が増えてきたことをひしひしと感じる。

 引退しても、もう一度この空気を感じられるなんて思ってもみなかった。

 アスリートたちは、英気を養っているだろう。それを支えるコーチやスタッフも、同じ気持ちであると想像できる。

中でも注目度が高いベニューは、選手村。

 アスリートは沢山の人に支えられていると、引退して改めて感じる。

 今回の平昌オリンピックは、世界中の約3000人のトップアスリート、1万4000人の報道陣が集まる。その他のスタッフも入れると、相当な数の人がここ韓国に集まる。

 会場は平昌と江陵。スキーや、スノーボードなどは主に平昌で、スケートやホッケーは主に江陵で行われる。開会式は平昌だ。

 どちらにもオリンピックパークがあり、賑わっている。

 ベニュー(会場)は多くあるが、中でも注目度が高いベニューは、アスリートビレッジ(選手村)ではないだろうか。

 大会期間中、選手たちが寝泊まりする場所だ。冬季なので、平昌と江陵の2箇所にあることも知っておきたい。私は、江陵にあるアスリートビレッジを視察してきた。ビレッジに着くとインフォメーションデスクがあり、丁寧にボランティアの方が案内してくれる。受付をし、ビレッジの中に入る。

【次ページ】 自分が出場した北京やロンドンと比べると。

1 2 3 NEXT
伊藤華英
平昌五輪
オリンピック
東京五輪

他競技の前後のコラム

ページトップ