プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

鈴木みのるが札幌で得た通行手形。
棚橋を病院送り……次はオマエだ!
 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/01/30 11:20

鈴木みのるが札幌で得た通行手形。棚橋を病院送り……次はオマエだ!<Number Web> photograph by Essei Hara

インターコンチネンタル王座のベルトを置いて、ビールを飲みながらの記者会見。ついに……鈴木の復活劇が始まった!

鈴木が次に狙うのは……現IWGP王者オカダ以外ない。

 鈴木軍がプロレス界で名実ともに1番というなら、ほしいのは新日本プロレスの1番目のタイトルであるIWGP以外にない。

 現在の王者はオカダだ。

「(オレがこれから何をやるか)知りたかったら、オレたちの手の動き、足の動き、歩く道、それを見てればいいんだ。

(レポーターに向かって)おい、お気楽野郎。これから9回裏のマウンドに上がるピッチャーに『最初の球、なに投げるんですか』って聞いているのといっしょだぞ。分かるか。勝負懸かっているんだ」

 IWGP王座奪取への「通行手形」を手にした鈴木は自信満々で饒舌だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木みのる
棚橋弘至
後藤洋央紀
オカダ・カズチカ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ