ラグビーPRESSBACK NUMBER

19年ぶりラグビー大学日本一へ!
明大で花開く早熟の天才、梶村祐介。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2018/01/06 08:00

19年ぶりラグビー大学日本一へ!明大で花開く早熟の天才、梶村祐介。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

紫紺のジャージのフィニッシャー役を務める梶村。メイジファンの希望として、日本一を狙う。

「帝京もメイジが勝ち上がって嫌だと思う」

 そして、梶村は言葉に力をこめた。

「決勝に出られるのはうれしいけれど、ここで勝たないと意味ないです。帝京は強い。隙のないチームだと思うけれど、11月のときからどっちがより伸びているかといえばこっちだと思う。

 帝京も、メイジが勝ち上がってきたことは嫌がってると思う。秩父宮にもメイジのファンがいっぱい来てくれて、ホームみたいな雰囲気になると思うし(笑)。個人的には、全国大会の決勝は中学生の時以来。高校大学では初めてなので、その舞台に立つのがホントに楽しみです」

 高3で日本中のラガーマンから羨望のまなざしを浴びた早熟の天才が、いくつもの試練を経て、大学ラストイヤーのラストマッチで、悲願のタイトル取りに挑む。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

明治大学
梶村祐介
エディー・ジョーンズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ