箱根駅伝2018BACK NUMBER

「箱根駅伝総合優勝だけは譲れない――」
古豪・早稲田大学が見せるプライド。 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/12/01 14:20

「箱根駅伝総合優勝だけは譲れない――」古豪・早稲田大学が見せるプライド。<Number Web> photograph by AFLO

今季主将を務める安井(右)は昨年、一昨年と5区山上りで好走。

「なにより僕が、誰よりも速く山を上ります!」

 王者・青学大と差を詰めての往路2位だっただけに、悔しさもひとしおだろう。

 主将を引き受けた今シーズンは、誰よりも率先して長い距離を走ってきた。2度目の東京マラソン挑戦も視野に入れ、黙々と距離を踏んでいる。まさしく“地味で強い”を体現する選手である。

 学生として今回が最後の箱根駅伝となるが、どんな意気込みで臨むのか。

「今年はどこが勝つかわからないですし、取りこぼしがあったチームから脱落してしまう。それは出雲駅伝と全日本大学駅伝で痛感したので、まずは全員が自信をもってスタートに立ちたいです。なにより僕が、誰よりも速く山を駆け上ります! チームが勝つにはそれが一番だと思うので」

 強い言葉だが、気負いはない。昨年は好物のメロンパンを1カ月前から断って箱根駅伝に臨んだが、「今年はやらないです」と即答。

「やっぱり我慢はよくないので。しっかりエネルギーを補充してスタートラインに立ちたいです」

 自然体の笑顔でそう答える。

 監督も主将も口をそろえるのは、どの大学にも大きな戦力の差はなく、ミスをしたチームが負けるだろうということ。全員駅伝と山のアドバンテージで、今年も早大は虎視眈々と総合優勝を狙っている。

関連コラム

BACK 1 2 3

ページトップ