メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

田中、ダル、前田が挑む世界一!
日本人のポストシーズン快投史。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/10/13 13:30

田中、ダル、前田が挑む世界一!日本人のポストシーズン快投史。<Number Web> photograph by AFLO

インディアンスは昨年のア・リーグ覇者であり、今季も9月に22連勝を記録。その勢いを止めた田中の功績は大きい。

最多勝利は松坂の3勝、黒田も2勝を挙げている。

 松坂はメジャー初年度の2007年のポストシーズンで4試合に先発し、エンゼルス相手のア・リーグ地区シリーズ第2戦で4回2/3を投げて7安打3失点と勝敗つかず(チームは勝利)。インディアンスとのア・リーグ優勝決定シリーズ第3戦では4回2/3を投げて6安打4失点で敗戦投手となり、日本人投手のポストシーズン連敗記録を4試合に伸ばしてしまった。

 だが、シリーズ3勝3敗で雌雄を決する第7戦にも先発すると、5回6安打2失点と粘投を見せて、ポストシーズン日本人初勝利を記録。さらにロッキーズ相手のワールドシリーズ第3戦でも5回1/3を投げて3安打2失点で、今のところ日本人の先発投手としてはワールドシリーズ唯一の勝利投手になっている。

 松坂は翌2008年のレイズとのア・リーグ優勝決定シリーズ初戦でも先発し、7回4安打無失点でポストシーズン3連勝。同シリーズの第5戦にも登板して今度は4回5安打5失点と打ち込まれ(チームは勝利)、レッドソックスが同シリーズで3勝4敗で敗れたために印象が薄まってしまったものの、冒頭の田中に匹敵する好投だった。ちなみに松坂のポストシーズン3勝は今も日本人投手の最多記録である。

 同年はナ・リーグ地区シリーズ第3戦で黒田博樹(当時ドジャース)が、カブス相手に6回1/3を投げて6安打無失点の好投で、日本人投手ポストシーズン4連勝を記録した年でもある。

 黒田はフィリーズとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第3戦でも6回5安打2失点で勝利投手になり、日本人投手のポストシーズン連勝記録を5に伸ばした。なおヤンキース時代の2012年にもオリオールズ相手のア・リーグ地区シリーズ第3戦で8回1/3を投げて5安打2失点と好投しているが、この時は勝ち星がつかなかった。

大魔神・佐々木、大塚、斎藤隆は救援で結果。

 日本人投手のポストシーズンにおけるパフォーマンスと言えば、決して忘れてはならないのが救援投手の活躍である。

 最初に活躍したのは「大魔神」こと、マリナーズの佐々木主浩だった。佐々木は新人だった2000年と、イチローにとってのメジャー初年だった2001年にポストシーズンで登板し、1年目は4試合4回2/3を投げて無失点で3連続セーブを挙げるなど大活躍。2年目はヤンキースとのア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦に投げて1/3回2安打2失点で敗戦投手になっている。

 2005年には大塚晶則(当時パドレス)がカージナルスとの地区シリーズ3試合に投げて1失点で勝敗、ホールド等は付かなかった。

 2006年には斎藤隆(当時ドジャース)がメッツとの地区シリーズで2試合2回2/3に投げて無失点。2008年にもカブスとの地区シリーズに投げた。彼はレッドソックスに移籍した2009年にも地区シリーズのエンゼルス戦に登板しているが、それら最初の4試合ではいずれも勝敗、ホールド等が付かなかった。

 だがブルワーズに移籍した2011年、ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第1戦で1回1安打無失点と好投して、日本人の救援投手で初めて勝ち星を記録。同年はカージナルスとのリーグ優勝決定シリーズまで計6試合7回を無失点、1勝2ホールドと目立った。

【次ページ】 岡島、上原、田澤が見せたハイパフォーマンス。

BACK 1 2 3 4 NEXT
ダルビッシュ有
田中将大
吉井理人
伊良部秀樹
松坂大輔
黒田博樹
佐々木主浩
大塚晶則
岡島秀樹
上原浩治
田澤純一
前田健太
野茂英雄

MLBの前後の記事

ページトップ