スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

青学の覇権を崩した東海の2年生たち。
二強対決、全日本&箱根の結末は? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/10 11:50

青学の覇権を崩した東海の2年生たち。二強対決、全日本&箱根の結末は?<Number Web> photograph by Kyodo News

スカウティングの成功を順調に力に変えて、東海大学がついに青山学院の覇権にくさびを打ち込んだ。

200km超の箱根は青学有利、では100kmの全日本は?

「ウチはまだ、箱根は厳しいかなあ……。今年はスピードの育成に力を入れてきましたから、20km以上に対応できるかどうか。全日本は面白い展開になるといいですね」

 これが現時点での本音だろう。

 スピードを誇る東海大は、6人の競争である出雲で勝った。

 距離が全長217.1kmと長く、10人でタスキをつなぐ箱根に関しては、青学大は絶対的な自信を持っている。

 ところが、距離はその中間の106.8kmで、8人でタスキをつなぐ全日本大学駅伝については、両校の長所がせめぎあう展開になる。

 11月5日、熱田神宮をスタートし、伊勢神宮にアンカーが飛び込む全日本大学駅伝。

 スピードの「T」か、それとも総合力の「AGU」か。

 二強対決第2ラウンドは、かなりエキサイティングなレースになりそうだ。

関連コラム

BACK 1 2 3
箱根駅伝
東海大学
青山学院大学

陸上の前後のコラム

ページトップ