サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「サコが足元で受けるなら僕は裏へ」
岡崎慎司の現代表での仕事は何か。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/09/04 11:50

「サコが足元で受けるなら僕は裏へ」岡崎慎司の現代表での仕事は何か。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

大迫勇也のキープ力と岡崎慎司の裏へ抜ける力、2つの選択肢を持つことができれば、日本の戦術の幅は大きく広がる。

個の力でアジアを勝ち抜いたチームの中で。

 欧州のストライカーは、個の能力を発揮することでポジションを奪おうとする。一方で岡崎は、規律を忠実に守ることで生き残ってきた。しかし、それだけでは突き破れない壁があり、さらにレベルアップした自分になるためには、そこからは逃げられないという岡崎の覚悟が感じられた。

 現指揮官の日本代表は組織力ではなく、個の力でアジアを勝ち抜いたとも言えるだろう。そのチームで、岡崎は組織に順応するよりも、自分のストロングポイントでの勝負に挑もうとしている。

「一喜一憂しない」

 プレミア開幕ゴール後のテレビインタビューで、岡崎は今季のテーマについてそう語った。W杯出場権獲得の歓喜や安堵感といった感情は、埼玉スタジアムのピッチをあとにした瞬間、消えたのだろう。そして、最終予選最終戦サウジアラビア戦で、彼の新しい方法でのW杯挑戦がスタートする。

日本代表 運命の一戦。

Sports Graphic Number 934・935

日本代表 運命の一戦。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
岡崎慎司
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ