ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

「自分のゴルフ人生嫌いじゃない」
岩田寛、米国での2年間を財産に。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/08/28 07:00

「自分のゴルフ人生嫌いじゃない」岩田寛、米国での2年間を財産に。<Number Web> photograph by AFLO

世界の頂点を視界に入れたわけではなかった。しかし岩田のような挑戦者がいることで、日本男子ゴルフの国際競争力が上がる。

全米プロでは当時のメジャー最少スコアに並んだ。

 岩田は何度も不運に見舞われた一方で、綱渡りで演じたハイライトもあった。

 そもそも、米進出のきっかけになった'14年のHSBCチャンピオンズは、日本からの有資格者のエントリー辞退で巡ってきた、繰り上げ出場だった。

 ショットの調子は低迷したままでも、'15年全米プロで当時のメジャー最少スコアに並ぶ63をマークし、昨年2月にはペブルビーチでフィル・ミケルソンとの優勝争いを経験した。

 東北福祉大時代、宮里優作の陰で同級生の岩田はチーム戦でレギュラーの座を確約されていなかった。宮里は当時をこう振り返る。

「寛は67も出すけれど、77もたたく選手だった。だから団体戦のメンバーに定着できなかった」

 日々の激しいアップダウン。彼はプロになってからも、米国に渡ってからも、その通りのキャリアを歩んできたのかもしれない。それでいて、迫りくる荒波を人知れず、平然と乗りこなしてきた。

「自分のゴルフ人生は嫌いじゃないです」

 ウィンダム選手権を終えた後、10年間コンビを組む新岡隆三郎キャディは「褒めてやってください。これだけ打ちのめされても、アイツは何回でもアメリカに来た」と目を細めた。

 そして岩田も言った。

「この2年は(日本で)出場停止になったり、なんか色々ありましたけど……自分のゴルフ人生は嫌いじゃないです。そういうのもひっくるめて」

 36歳になったが挑戦の道が断たれたわけではない。その欲は失せず、今後を決めるのは本人でしかない。

「また、お世話になります」

 いつかカムバックしても、普段口数の少ない男はそうつぶやいたりはしないだろう。そんなことは、なんでもない。激情を内に秘めて、再び海を渡る日が来ることを願いたい。

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3 4
岩田寛
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ