NumberEYESBACK NUMBER

全米プロ惜敗の松山英樹。世界が祝福
する日は近い。~アメリカ人のトーマス
と、声援の量は五分だった~ 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/08/24 06:00

全米プロ惜敗の松山英樹。世界が祝福する日は近い。~アメリカ人のトーマスと、声援の量は五分だった~<Number Web> photograph by KYODO

優勝したトーマスは松山の1歳下。今後も数多くの名勝負が繰り広げられることだろう。

 メジャーは確かに手の届くところにあった。ノースカロライナ州クエイルホロークラブでの全米プロ選手権で、松山英樹の待望の勝利はサンデーバックナインに消えた。

 最終日、単独首位で迎えた11番パー4で第2打をグリーン右のラフに外すミスから3連続ボギー。同組で対峙したジャスティン・トーマスにメジャー初優勝をさらわれた。


 松山はタオルに顔をうずめて泣いた。勝負事に対する彼の感性は繊細で、口元を震わせて敗戦の弁を語ることはこれまでも何度もあった。ただ、シャーロットでの日曜の午後は日本人史上初のメジャー制覇に接近した確信があったからこそ、惜敗への思いは特別だったに違いない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 599文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 運命の一戦。

Sports Graphic Number 934・935

日本代表 運命の一戦。

 

松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ