Sports Graphic NumberBACK NUMBER

丸山茂樹が片山晋呉と話したこと。
「プロアマ、ホスピタリティとは」

posted2018/07/24 16:30

 
丸山茂樹が片山晋呉と話したこと。「プロアマ、ホスピタリティとは」<Number Web> photograph by Kyodo News

日本ゴルフツアー機構は6月27日、片山への厳重注意と制裁金30万円を決め、謝罪会見。

text by

丸山茂樹

丸山茂樹Shigeki Maruyama

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「丸山茂樹があのプロアマ戦についてコメントしたらしい……」とゴルフ業界だけでなく、多くのスポーツファンの耳目を集めたこの雑誌最新号(957号)の記事。今回だけ特別に、Number Webにて全文公開されることとなりました。ゴルフに興味がある人もない人も、是非ともご一読下さい!

 片山晋呉選手がプロアマ戦で、アマチュア選手に不適切な対応をしたという問題が起こってから1カ月以上が経ちました。本人に加えて、青木功JGTO会長、石川遼選手会長が出席した会見を、痛恨の思いで見ていましたし、今も男子ツアーの仲間たちと話し合っています。

 個人的には「僕らの頃、昔の時代が良くなかったのかな」と反省します。

 1990年代には試合もたくさんあって、スポンサーもたくさんついてくれて、そういう恵まれた環境の中で、明確な規定がなかったものですから、自由にやっていた部分があります。その悪い部分が、時代が変わっても残ってしまったのだと思います。

 片山本人ともあの後、話をしたんですが、「指摘されたような悪い部分が目立っていたところがあったから、この結果になったのは仕方ないよ」と言いましたし、彼も反省していました。二度とあってはいけないことです。

 それと同時に今回の件で、「ホスピタリティ」というものを改めて考えました。

アメリカでプロとアマの関係はほぼ平等。

 例えば、アメリカのPGAツアーでも、日本と同じようにトーナメント前日の水曜日にプロアマ戦が行われるのですが、プロとアマの関係は限りなく50、50に近いです。

 朝、挨拶を交わして「昨日の野球見たかい? あそこで、あんなボールを投げるなんて信じられないよ」というスポーツの世間話から始まります。僕は英語が十分じゃなかったこともあって、通訳のできるマネージャーに同行してもらっていました。

 それでも「いつもテレビで見ているよ。あのショットはどうやって打つんだい」と話しかけてくれて、「いいかい、見ててよ」と打って見せる。フランクに楽しくラウンドして、「また会おう」と別れます。その後のパーティーへの出席は選手にとって義務ではないですし、ストレスも少ないはずです。

【次ページ】 なるべく素の自分を見せてほしい。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

片山晋呉
丸山茂樹

ゴルフの前後のコラム

ページトップ